三井物産・企業リスクプロテクション協議会

資料請求・お問い合わせ

menu

日本海溝・千島海溝沿いで発生する最大クラスの地震・津波の推計結果について / 災害リスク情報

MS&ADインターリスク総研株式会社
災害リスク情報<号外>
日本海溝・千島海溝沿いで発生する
最大クラスの地震・津波の推計結果について

2020年4月21日に内閣府の日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震モデル検討会(以下、本検討会)から「日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震モデルの検討について(最終報告)」(以下、最終報告)が公表されました。
当該領域では図1のようにマグニチュード(以下、Mと表記)7やM8を超える地震により大きな被害が幾度となく発生しています。
このため、過去に発生が確認されている地震を対象として策定された 「日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震防災対策推進基本計画」(2006年3月)等に基づき防災対策が推進されてきましたが、従来の想定をはるかに超えるM9.0の東北地方太平洋沖地震(2011年3月11日)により甚大な被害が発生しました。
この教訓を踏まえ、中央防災会議の専門調査会の報告(2011年9月)にて「あらゆる可能性を考慮した最大クラスの巨大地震・津波を検討していくべき」と提言されました。

レポート全文はこちらをご覧ください。


【関連情報】
災害リスク評価サービス
地震や風水害の影響(災害リスク)を評価します。

会員専用ページ