三井物産・企業リスクプロテクション協議会

資料請求・お問い合わせ

menu

【9月3日(火)東京開催】マルチハザード時代のリスク評価

企業における自然災害リスクとその対応セミナー
マルチハザード時代のリスク評価

昨年は、本白根山の噴火、大雪、大阪府北部の地震、豪雨、台風21号、
北海道胆振東部地震、台風24号など数多くの自然災害が発生し、多くの犠牲者と被害がでました。
また、災害が年々激甚化する中で対策が進む一方、対策が及ばない脆弱なところで被害は発生することを
改めて認識した一年でもありました。
このようなさまざまな災害要因に対し、最近ではマルチハザードという言葉が使われるようになっております。
今回のセミナーでは、地震に限らずこうしたさまざまな災害要因を取り上げ、その特徴と評価方法について
最近の取り組みをご紹介いたします。また、高度経済成長期からおよそ半世紀が経過し、
自然災害からの面からも大きなリスクとなっている経年劣化の評価手法等についてもご紹介いたします。

日時:2019年9月3日(火) 13:30~16:50(受付 13:00~)
場所:東京コンファレンスセンター品川 5階 大ホール

詳細・お申込みはこちらから

【関連情報】
災害リスク評価サービス
地震や風水害の影響(災害リスク)を評価します。
危機管理情報支援サービス
災害危機情報のリアルタイム無料提供、災害対策グッズの有償提供します。

会員専用ページ