三井物産・企業リスクプロテクション協議会

資料請求・お問い合わせ

menu

【7月16日(火)東京開催】大地震発生時の人命安全確保のポイント~各事業所の『建物立入判断』と『救出救護』対応を鍛えよう~

「建物立入判断」と「ケガ人の救出救護」については、本来は建築士、消防、医師等の専門家が対応することが望ましいですが、これら専門家が常駐している拠点(事業所)は少なく、大地震発生時は、交通や通信等の遮断により拠点外部から専門家の支援を得ることも難しくなります。
そのような中で、従業員の人命安全を確保するためには、各拠点が自らの力でこれらの対応を遂行することが必要ですが、これら自力遂行に対する企業等の教育・訓練は十分ではないのが現状です。
このような状況を踏まえ、今般、以下のセミナーを開催させていただきます。ぜひ、ご参加ください。

【特徴】
大地震発生時の「建物立入判断」や「救出救護」の①必要性、②実施のポイント、③教育・訓練の方向性等を、専門家の視点からわかりやすく解説します
「建物立入判断」…建物内に取り残された人の救出、帰宅困難者への待機場所の提供、事業の早期復旧等、地震発生時に必要となる各種対応の前提として、建物が構造的に安全に使用可能かを確認すること。
「救出救護」…自力で動けないケガ人を探し出し安全な場所(救護所)まで運ぶこと。また、トリアージ・問診・応急手当・病院搬送等、ケガ人に対する一連の対応を実施すること。

■開催概要
日 時:2019年7月16日(火)14:00~16:30(13:30開場)
場 所:TKPガーデンシティ御茶ノ水(3F ホールA・B)東京都 千代田区神田駿河台三丁目11-1 三井住友海上駿河台新館 3F
主 催:三井住友海上火災保険株式会社 MS&ADインターリスク総研株式会社
講 師:
<第一部>「各事業所における建物立入判断の必要性と対応ポイント」
株式会社竹中工務店 技術研究所 未来空間研究部
リスクアセスメントグループ長 吉澤 睦博 氏
<第二部>「各事業所における救出救護対応の必要性と対応ポイント」
社会福祉法人恩賜財団 済生会横浜市東部病院
救急科 部長 船曵 知弘 氏
<第三部>「建物立入判断・救出救護の自主学習・訓練のサポート教材の紹介」
MS&ADインターリスク総研株式会社 リスクマネジメント第四部
事業継続マネジメント第一グループ長 上席コンサルタント 坂井田 輝 氏
参加費:無料
定 員:100名(1社2名様まで)

詳細・お申込みはこちらをご覧ください。

【関連情報】
危機管理情報支援サービス(3rd Watch)
災害危機情報のリアルタイム無料提供、災害対策グッズの有償提供します。
災害リスク評価サービス
地震や風水害の影響(災害リスク)を評価します。

会員専用ページ